40代からキレイになる計画

40代でもまだまだキレイになれる!実年齢より若く見られたい!友達に嫉妬されるくらいにキレイになろう。

40代女性にとってキレイで元気、メンタルにも大切なタンパク質

こんにちは、40代ハッチです。

みなさん、私たちのからだに必要な三大栄養素ってご存じですか?
そう、タンパク質、炭水化物、脂質です。
今日はこの「タンパク質」についてお話します。

 

・タンパク質とは


タンパク質は筋肉や内蔵、血管、皮膚、髪の毛、ホルモンなど私たちのからだの重要な部分の材料となっているとっても大切な栄養素のひとつです。

からだの組織がどんどん生まれ変わっていくためにタンパク質は必要です。

f:id:hikachanchan:20190811095319p:plain



・疲れやメンタルの不調もタンパク質不足が原因かも


タンパク質を構成するアミノ酸のうち半数近くは体内では合成できず食物から摂取しなくてはなりません。

タンパク質が不足すると筋肉量の減少や、肌・髪の毛のトラブルが増えたりするほかにも疲れやすい、傷が治りにくい、貧血、冷え性などさまざまな不調を引き起こす原因ともなります。
また脳内ホルモンのセロトニンが減って、うつや睡眠障害、認知症になるリスクが高まります。

f:id:hikachanchan:20190811095909p:plain

・タンパク質はまとめて摂ってもダメ


私たちが一日に摂取したいタンパク質の目安は約60~70グラムと言われています。

一日の摂取量とは言うものの、タンパク質は一食でまとめて摂っても意味がありません
実はタンパク質は常に体内で使われており、蓄えることができないのです。
ですから毎食20~25グラムずつ摂る必要があるといえます。
その中でも朝食にしっかりとタンパク質を摂ることが重要です。

 

その理由のひとつとして多くの研究で高タンパクな朝食を摂ることが体重管理や減量につながることが報告されています。

タンパク質は、少ない量でお腹を満たし、満腹ホルモンを出して食欲を抑えてくれます。

つまり一日の始まりである朝にタンパク質を摂ることでその日の食事量を自然と減らすことができるというわけですね。

 

その他に欧州の研究では朝食に「高炭水化物・低タンパク質」の食事をした人は「低炭水化物・高タンパク質」の食事をした人に比べてイライラしたり攻撃的になるとの結果が出たそうです。
また、朝食に糖質中心の飲料とタンパク質を含む飲料を飲んだときを比較した日本の研究では、タンパク質を含んだ飲料を飲んだときのほうが集中力が高まり作業効率が上がることがわかったそうです。

 

 ・食品に含まれるタンパク質の量

 

卵1個・・・・・6グラム

納豆1パック・・・・・9グラム

木綿豆腐1/3丁・・・・・6.6グラム

牛乳コップ1杯・・・・・6.6グラム

焼鮭1切れ・・・・・24グラム

ピスタチオ20粒・・・・・6グラム

 

その他には牛もも肉や豚もも肉、マグロやカツオ、ブリ、イワシなどの回遊魚もタンパク質が豊富に含まれています。

 

いかがですか。

美容や健康、メンタルヘルスにもとっても重要なタンパク質。

「キレイで元気」のためにもまずは朝食でタンパク質20グラムを。