40代からキレイになる計画

40代でもまだまだキレイになれる!実年齢より若く見られたい!友達に嫉妬されるくらいにキレイになろう。

睡眠時間が短いと太りやすくなる?きちんと眠って痩せ体質になろう。

こんにちは、40代ハッチです。

 

痩せるためには、消費カロリー>摂取カロリーとならなくてはいけませんよね。

ですから「寝ない」、つまり起きている時間が長いとカロリーを消費して痩せそうだと思いませんか?

ところがこれは大きな間違いなのです。

 

実は、睡眠時間が4時間以下の人は7~9時間の人よりも73%も肥満になりやすいという研究データが報告されています。

また5時間睡眠の人でさえ50%も肥満になりやすいそうです。

 

f:id:hikachanchan:20190922105915p:plain

 

 

理由ひとつめ ホルモン

 

睡眠不足になると食欲を増進させるホルモン「グレリン」が過剰に分泌され、食欲を抑えるホルモン「レプチン」が減り、食べ過ぎてしまうのです。

 

「睡眠時間が短くなる」=「起きている時間が長くなる」と私たちの体は、グレリンを増やしレプチンを減らして、長くなった活動時間に必要とされるエネルギーを確保しようとします。

 

 

また早稲田大学と花王株式会社の共同研究グループによるエネルギー代謝の調査によると、3日間毎日7時間寝た場合と3時間半しか寝なかった場合、睡眠時間が短くてもエネルギー消費量は変わらないことがわかっています。

 

起きている時間が長くてもエネルギー消費量は変わらないうえに、体がエネルギーを貯めこもうとしているわけです。

 

 

f:id:hikachanchan:20190922110328p:plain

 

 

 理由ふたつめ 基礎代謝

 

私たちのエネルギー消費のほとんどは「基礎代謝」です。

 

基礎代謝は一日の消費エネルギーの約70%を占めており、この基礎代謝が上がれば痩せやすくなりますね。

 

しかし加齢によって基礎代謝が落ち、同じ食事量でも太りやすくなってるなと感じる40代の方はたくさんいると思います。

 

そして睡眠不足はこの基礎代謝量をさらに下げてしまうことがわかっています。

 

睡眠中に分泌される「成長ホルモン」こそ、代謝機能を高め脂肪を燃焼してくれる心強い味方なのです。

 

成長ホルモンは脂肪を分解し、筋肉の修復をしてくれるため、睡眠不足などにより成長ホルモンが分泌されないとエネルギーの消費量がぐんと下がってしまうことになります。

 

f:id:hikachanchan:20190922110627p:plain

 

 

 できるだけ睡眠時間を確保することが痩せやすいカラダを作ることにつながりそうですね。

多くの研究で7~8時間の睡眠が一番太りにくいことが報告されています。

今まで痩せないなぁと感じていた方、睡眠時間の見直しをしてみてはいかがでしょうか。