40代からキレイになる計画

40代でもまだまだキレイになれる!実年齢より若く見られたい!友達に嫉妬されるくらいにキレイになろう。

日焼けの季節到来!シミを作らない紫外線対策とは

こんにちは、40代ハッチです。

夏も近づいて、紫外線が気になる季節になりましたね。

40代でなくても紫外線によるシミは防ぎたいものです。

今日は絶対シミを作りたくない方のために紫外線対策をご紹介します。

 

f:id:hikachanchan:20190626221045j:plain

①一日の中で一番紫外線の量が多い時間帯は?

11:00から13:00です。

太陽が最も高い時間帯ですね。

しかし、朝や夕方も油断は禁物です。

8:00頃から徐々に紫外線は増え始め、16:00頃までは要注意ですよ。

日焼け止めや日傘などでお肌を守りましょう。

 

②紫外線に当たり始めて何秒で日焼けする?

5秒です。

紫外線に当たり始めて5秒でメラニンの生成が始まります。

『ちょっとだから大丈夫』なんてベランダで洗濯物を干したり、『すぐそこだから』なんて買い物に行ったりしていませんか?

思っている以上に日焼けのスピードは早いんですよ。

ほんのわずかの時間でも日焼け止めや日傘は必須です。

 

③紫外線を通しにくい色は?

黒色です。

黒は吸収して白は反射すると思われがちですが、紫外線をもっとも通しにくいのは黒色です。

濃い色ほど紫外線を通しにくいとされており、夏に着がちな白色や淡い色は通しやすいのです。

日傘も薄い色より濃い色を選びましょう。

 

④紫外線を通しやすい素材は?

綿です。

生地の目が細かいものほど紫外線を通しません。

一番紫外線を防ぐのはポリエステルと言われています。

最近ではUVカット効果のある洋服もたくさんありますね。

それらを上手に活用しましょう。

 

⑤頭皮も日焼けする?

します。

髪の毛で覆われているので忘れがちですが、頭皮も日焼けします。

日焼けした頭皮は乾燥しやすくなり髪の毛のトラブルにもつながります。

頭皮用の保湿剤などを使ってくださいね。

外出時はなるべく帽子をかぶったり日傘をさしたりして紫外線から守りましょう。

 

 ⑥日焼けしてしまったら?

日焼けしたお肌は軽いやけどの状態にあります。

まずは冷やすこと。

そして水分が蒸発しやすくなり乾燥しますので化粧水でたっぷりと水分を与えてください。

化粧水を冷蔵庫で冷やしておくと冷却と保湿が同時にできて便利です。

化粧水のあとはお顔と同じようにクリームなどの油分を塗ってフタをするのをお忘れなく。

 

⑦飲む日焼け止めもプラス

最近話題の飲む日焼け止め。

美白成分や抗酸化作用のある成分が入っているサプリで、ドラッグストアなどで購入できます。

ただし、これだけに頼るのは禁物です。

必ず塗るタイプの日焼け止めや日傘などと併用してください。

 

 

紫外線はお肌の大敵。

曇り空でも油断は禁物です。

シミを作らないようにしっかりガードしておきましょうね。