40代からキレイになる計画

40代でもまだまだキレイになれる!実年齢より若く見られたい!友達に嫉妬されるくらいにキレイになろう。

血糖値と肥満には関係がある!40代でも太りにくい体へするために!

こんにちは、40代ハッチです。

みなさん、血糖値を気にしたことありますか?

私は血糖値に特に問題がありません。

そのため、これまで特に意識したことはありませんでした。

 

実は私は『太ったら血糖値が上がる』という勘違いをしていたのですが、逆なんですね。

血糖値が上がることによって太るのです。

 (誤)太っているから血糖値が高い

 (正)血糖値が上がるから太る

 

目次

 

 

 

 

血糖値とは

 血液中に含まれるブドウ糖の値を示したものです。ブドウ糖は炭水化物や糖類に含まれています。

高血糖とは血液中のブドウ糖があふれた状態(163mg/dl以上)でこれが長く続くと糖尿病や心筋梗塞、肝硬変などの病気のリスクが高まります。

 

なぜ血糖値が上がると太るのか

 食事をする

   ↓

血糖値が急に上がる

   ↓

血糖値を下げるためにインスリンが分泌される

   ↓

このインスリンが血糖値を下げようとしているときに、血液中の余った糖を脂肪に変えて体の中に溜め込んでしまいます。

 

血糖値の上昇がゆるやかであればインスリンが過剰に分泌されることはありません。

しかし空腹の状態からいきなりご飯やパン、甘いものを食べると一気に血糖値が上昇しインスリンが必要以上に分泌されてしまいます。

それだけでなく急上昇した血糖値を急降下させることによって食欲が増進するとも言われています。

つまり血糖値の上がりやすいものをいきなり食べると脂肪が作られるうえに、もっと食欲がわいてどんどん食べる、という悪循環です。

 

f:id:hikachanchan:20190518111114j:plain

 

血糖値の上昇を抑えるために

では、急激な血糖値の上昇を抑えるためにはどうしたらよいでしょうか。

次の3つが効果的です。

 

①ゆっくり食べる

食事はよくかんでゆっくりと食べるようにしましょう。

一口ごとに箸を置いてテレビを見たり、おしゃべりを楽しんだりするとよいですね。

ゆっくり時間をかけて食事をすると血糖値もゆるやかに上昇します。

 

②食事の順番

野菜、キノコ類、海藻から食べる

これらには、食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維は消化吸収をゆるやかにして血糖値の急な上昇を抑える効果があります。

まず野菜、そして肉や魚などのタンパク質、最後にお米やパンなどの炭水化物を食べます。

 

f:id:hikachanchan:20190518111211j:plain

 

③油や酢を活用する

ダイエットの大敵とも思われている脂質ですが、これは消化吸収に時間がかかるため実は血糖値が上がりにくいのです。

 

炭水化物を摂取するときに油を使えば血糖値の急上昇を防げます。

ex

・パンにバターやオリーブオイルを塗る

・かけうどんより天ぷらうどんにする

・白ごはんよりチャーハン

という具合です。

 

酢にも血糖値の急上昇を抑える働きがありますので、お酢のドリンクを飲んだり、酢の物やピクルスを先に食べるとよいですね。

 

青汁を活用してみよう

では食事の順番を野菜→タンパク質→炭水化物にするというのは実践できるでしょうか?

このとおり食べると最後におかずなしで白米だけをモグモグということになりますね。

私はやっぱり野菜、肉、魚とまんべんなく食べたい!

そんな方は青汁を食前に飲んでみましょう。

 

まず青汁を食前に飲むことによって空腹が落ち着いて食べ過ぎを防ぐことができます。

そして青汁の原料にはケール、大麦若葉、明日葉などがありますがこれらには食物繊維が豊富に含まれているので血糖値の急な上昇を防ぐことができます。

さらに、ビタミンC、カルシウム、カリウムも豊富なので美肌効果むくみ改善にもつながるのです。

 

食物繊維には二種類あります。

それは

・水溶性食物繊維

・不溶性食物繊維

です。

この2つは血糖値の上昇を抑える以外にもそれぞれ働きがあります。

まず水溶性食物繊維は腸の中の善玉菌を増やして弁を柔らかくします。

不溶性食物繊維は水分を吸収してふくらみ腸のぜん動運動を活発にします。

 

青汁の原料にはこの2つの食物繊維が豊富に含まれているのでお通じの改善にも大変効果的です。

 

食事は今までどおりで、食前に青汁を飲むだけで血糖値対策に加え、美容や健康にも効果がある青汁、ぜひ試してみてくださいね。